おもてなしとホスピタリテイ、日本料理のテーブルマナー、接客コンサル、お箸の持ち方指導、オフィスラン(Ran)

本 表紙.jpg

アマゾンホテル部門2位になりました

帝国ホテルで学んだ
無限リピート接客術

一瞬の出会いを永遠に変える魔法の7カ条。35万人を接客した“おもてなしの鬼”が伝授する究極のホスピタリティ接客術がここに。

詳細

マナー豆知識

知っとくポイント!

1.お箸のタブーいくつあると思いますか?

答えは17です。涙箸 トントン箸 もぎ箸・・・お箸のタブーは本膳料理から生まれました。

1) 寄せ箸 
箸先で器を自分の方へ引き寄せると膳を傷つけるばかりでなく無作法です。
2) さし箸 
滑りやすい素材、挟みにくい素材にしがちですが、箸先で突きして食べる事。
3) ねぶり箸 
箸先を口の中に入れてしゃぶるように使う事です。
4) 迷い箸 
どれを食べようかとお箸を持ったままあれこれ迷う事です。
5) 握り箸 
箸を正しく持たず、二本とも一緒に握って使う事です。
6)こみ箸 7)せせり箸 8)ほじり箸 9)涙箸 10)トントン箸 11)人指し箸
12)もぎ箸 13)渡り箸 14)渡し箸 15)移り箸 16)さぐり箸 17)すかし箸

2.会席料理のメインは何でしょう?

IMG_4234.JPG

椀差しと言って季節を味わうお吸い物 と お刺身です。

●季節は「走り」「旬」「名残り」を味わいます。
●お刺身は味が淡白なものからいただきます。

3.海外に出前しませんか?

出前の答え

茶道の道具を持ってお点前(おてまえ)の出前をしてみませんか。茶道は知的な方の遊びですので、海外には誇りを持って披露できるものと思っております。そして、多くの海外の方に日本の食文化を知ってもらいましょう。

頂き方

  1. 正面を向けて出されます。
  2. 出されたら一礼をします。
  3. 右手で茶碗を取り、左手にのせ、90度の範囲内で2度回しいただきます。
  4. 反対に回し正面を向けて元に戻します。

※以上は、お一人で薄茶を頂く場合のみの紹介です。
※指輪や時計は器を傷つける原因になりますので、はずしておきます。
(写真は福本がフィジーで、ホームステイ先の方に、抹茶の頂き方を教えたときのものです。)

 正座の文化がない国で、きちんと正座をしてくださいました。

 人柄もとても親切な方々です。また、行こうと思います。

以上「知っとくポイント」いかがでしたか?マナー教室で更に詳しくお教えいたします。お待ちしております。

IMG_1200.jpg

IMG_1202.jpg


Top